2017年11月5日 屋根改修工事

場所:甲賀市

築35年

依頼内容:屋根を軽くしたい。

工事前

工事前1

青い和瓦です。

工事中

工事中1工事中2

和瓦をめくり、土を降ろしていきます。土の量は現場によって様々なので、実際に工事着工してみないとわからない部分でもあります。

工事中3工事中4

土を降ろした状態です。今回は比較的、土が多い屋根だったと思います。

工事中5

構造用合板で下地工事をした後、屋根本体の工事です。今回の屋根材は、ガルバニウム鋼板のたてひら葺きです。ペフを敷き込んだので断熱効果の他、防音効果も期待できます。

工事中6

下屋根も和瓦をめくり、同じ屋根材を葺きました。

工事完成

工事完成1

大屋根には雪止めを取り付けました。ステンレス製なので錆にも強いです。

工事完成2工事完成3

一部、外壁もリニューアルしました。木目調の金属サイディングです。

工事完成3

下屋根や雨といも取り替えてスッキリしました。

地震大国・日本の今日の屋根業界では、屋根は軽くする方が良いとされています。
実際に阪神淡路大震災では、比較的、屋根にたくさんの土が乗った建物が多く倒壊したといわれています。

たとえ、雨漏れをしていなくても、屋根を軽くするリフォームは意義があることです。