工事の進み方

工事の流れ

お客様が工事を思いたった時から工事完了するまでの、一般的な流れを紹介します。

1.業者選び

業者選びの方法は様々です。ポイントをいくつか挙げてみましたので、もしよければご参考に…

インターネットで検索

  • 営業主体の業者は下請業者に工事を丸投げしている例が多いので心配です。営業・施工とも自社で行ってる業者が無難でしょう。
  • ホームページ等に金額が表示されている場合、業者に直接問い合わせてみましょう。

冷蔵庫を例にとって考えてみましょう。冷蔵庫はどこの大型家電量販店で買っても、値段はそんなに変わらないですが、リフォーム等の建築業は人の手によって施工するので、使用材料、現場の状況により業者によってバラバラなのは仕方のない事です。逆に言えば、現場も下見していない段階で「値段は○○円です。」とは言い切れないのが実情なのです。

タウンページで検索

地元の業者を選ぶのも良い方法です。地元で聞きなれない業者は、アフターフォローの面などで不安です。

クチコミで情報収集

近所の人、親戚、会社の同僚…以前にリフォームをした人、家を建てた人は近くに必ずいます。親しい人に「良い業者はどこか?」と相談するのも、とても良い方法です。 

2.見積依頼

近年、インターネットの普及により、メールで見積を依頼する方法も盛んになってきました。確かに便利なのですが、直接、店に出向くか電話をするのがベターです。(“その1”で株式会社マツテックを選択したと仮定して“その3”以降をご覧ください)

3.現場下見

見積書を作成するために、現場を下見に行きます。もちろん、この段階で“初対面”というケースもあります。現場を見ながら、ベストな作業方法、使用材料などを考案、提案します。

4.打ち合わせ

ほとんどの場合、現場下見と同時に行います。もし、作業方法など質問したい事があればドンドンしてください。作業方法の他、工事日程や使用材料、支払方法なども打ち合せさせていただきます。

5.見積検討

見積書を作成します。費用の面もふまえて、よくご検討ください。見積書で不明な点があれば、どんな事でも質問してください。“その5”までは無料になります。「今、住んでる家をリフォームしたらいくら位かかるだろう…」と思ったら、とりあえず試してみるのもいいかも知れませんね。特に、他の業者に合見積をとる(比べること)場合、きっちり見積内容を確認するようにしましょう。

6.工事着工

見積書にて、お客様が納得していただければ工事着工です。ご近所様に迷惑がかかりそうな場合は事前に挨拶させていただきます。責任施工で工事を進めていきます。工事の途中でも不具合があれば、ドンドン質問してください。

7.工事完成

ついに念願の工事完成です。お客様のイメージにあった外観になったでしょうか?

8.メンテナンス

工事が完成すれば、支払いを済ませていただき完了です。これからも株式会社マツテックを宜しくお願いします。工事が完成しても、不具合があれば、お伝えください。なお、当社は保証書も取り扱っています。

よくあるご質問

お客様からの素朴な疑問・質問にお答えします。

雨といを選ぶポイントは?

一言に雨といといっても、メーカーや種類がたくさんあります。まず、住宅の外観(和風か洋風)を考えます。色は一般的に屋根やサッシに合わせるのが良いとされています。後は予算的な事を決めると、考えも絞られてくると思います。 ただ、これらは雨樋選びの基本です。個性のある住宅もまた魅力的だと思います。

屋根の寿命は何年位ですか?

地域や屋根材の違いで一眼にはいえないのですが、目安として10年位で何らかのメンテナンス、あるいは葺き替え等を考える事をお勧めします。 ただ、10年経ったらすぐに雨漏れがするというわけではなく、色褪せやサビが進行するのが10年位という事です。じゃー安心!!という訳ではありません。色褪せは、割れやすくなったり、雨が染み込んだりしやすくなりますし、サビは穴があいたり腐ったりする注意信号といえます。雨漏れしていないと思っていても、下地材が腐ってきていたりするケースもあります。また、何十年も経ってからの葺き替えは、下地材から取替えなくてはいけないといったケースも多々あるので、できるだけ早めの対応が必要になってくるという訳です。

立地条件や工事内容の違いは、工事代金に反映されるのですか?

材料の搬入・搬出する時、狭小路などでは人手がかかります。そうした立地条件では別途料金がかかる場合があります。また屋根の下葺材のグレードを上げたり、屋根勾配が急で足場を設置しなくてはいけない場合等は別途料金が必要となりますが、すべてお客様と綿密な打ち合わせをさせていただきます。

工事中、室内の家具などはどうすればよいのですか?

一般的な屋根工事・雨樋工事等では家具を移動したり、仮住まいを探す必要はありません。外装のリフォームなら、家具はもとより、これまでの生活が送れます。また、室内のリフォームとは違うのでプライバシーも侵害されません。ただ、家の外側に置いてある物(例:倉庫の屋根を張り替える場合の、倉庫内の荷物)は、お客様に差し支えがなければ当社が責任を持って移動させていただきます。内装のリフォームなら、家具の移動をしなくてはいけない場合が多いです。もし、お客様に差し支えがなければ当社が責任を持って移動させていただきます。

事前調査や見積にも料金が発生する事はありますか?

もちろん無料でさせて頂きます。また、事前調査には当社の屋根診断士が状況をチェックしますので、家屋の心配事があれば、ご相談ください。

工事の保証はどうなってるんですか?

万が一、工事後に不明な事や不満な事を感じられましたら、ご一報下されば迅速に対応させて頂きます。また近年、責任施工保証制度も充実しています。当社では全板保証センターが責任をもって発行している保証書も取り扱っています。